ナンピンについて

いろんな本を読んでいると、『ナンピンは悪!』っていうのをよく見る気がします。

なのでナンピンに対する僕の考えを書いていきたいと思います。


ナンピンのメリット

ナンピンのメリットは、平均買い付け価格を下げられることです

例えば800円で100株を買い、その後600円まで値下がりしたとします。

ここでナンピンをして100株追加で購入します。すると平均取得価格が700円になります。

平均取得価格を下げたことで、株価が700円を超えれば利益が出るようになりました。これがナンピンのメリットです。


なぜ『ナンピンは悪』と言われるのか

ナンピンのデメリットはナンピンした箇所からさらに株価が下がると、損失が大きくなることです。

先ほどの例で説明すると、600円から500円まで値下がりするとナンピンしなかった場合は3万円の損失で済みますが、ナンピンをした場合だと損失が4万円に膨らみます

これは、投資の大原則である『損小利大』に反します。これがナンピンが悪と言われる原因だと僕は思ってます。

ちなみに、ナンピンが悪だという人は『ナンピンをするなら損切りしろ』と行っている人が多いです。

上記の例だと、600円まで下がった段階で損切りした方が良い、ということです。


ナンピンに対する僕の考え

僕は、バリュー投資家ならどんどんナンピンしていいと思います

割安だと思って買った株がさらに割安になっているということなので、買わない手はないはずです。

なのでバリュー投資家の皆さんは資金が尽きるまでどんどんナンピンしていきましょう!

ただし注意点が一つあります。その株にバリューがなくなったり、その株が上昇する理由がなくなった時にナンピンしてはいけません。

例えば業績が良いと思っていたが、予想より悪かった場合などはナンピンしてはいけません。

一度株価が下がり始めると、モメンタム効果で下がり続けます。こういう時は素直に損切りしましょう。


正直どちらが正しいかは結論が出ないと思います。それこそ宗教みたいなものだと思ってます。

ただし歴代のバリュー投資家に限って言えばナンピン推奨派が多いと思います。

なのでバリュー投資家はどんどんナンピンしていきましょう!!!

コメントを残す