S&Pに連動する投資信託を売っ払ってやったった!

毎月6万円ずつ積み立てているS&Pに連動する投資信託があるのですが、これを売却することにしました。

理由は以下の通りです。


いくらなんでも米国株が実体経済と乖離しすぎ!

これに尽きます。

その国の株価の割安、割高を判断する指標としてバフェット指数があります。以下の計算式で算出できます。

その国の株式時価総額÷その国の名目GDP×100

この指標が100を超えると割高とされます(最近は120以下だったら割安として判断しても良いかもしれません)。

このバフェット指数が今現在アメリカで180という超割高状態となっているのです。

バリュー株投資家だったら売りたくなると思います。僕は売りました。

あともう一つ、米国株を売った理由があります。


今、日本株が熱い!

今、日本の優良株が超バーゲン価格で取引されてます。JR東日本、第一興商、ラウンドワンなどなど。。。

このまま米国株で置いているより、この辺の株に投資した方が確実にリスクも低く、利益が出る可能性も高いと考えました。

投資信託の売却で80万円ほどの資金ができるので、とりあえずJR東日本に投資しようと思っています。

ほんとはアレンザを売った資金で買おうと思っていたのですが、資金が手に入ったのでアレンザの分の資金はどうするか考え中です。


余談ですが、最近やっとアレンザが上がってきましたね。ここ一週間で10%くらい上げてます。このまま2000円くらいまで上がって欲しいですね。

それではまた。

この本、タイトルですごい惹かれたんですけど、短期売買の本なんですよね。。。長期投資の本だったら即買いなんですけど、購入するか迷い中です。

コメントを残す