『ピーター・リンチの株で勝つ』を読了しました

この本、かなり前に読み終わっていたのですが、内容が濃すぎて、1/3の内容すら入ってこなかったので読み直していました。

2回読み直してやっと半分くらい理解できたので、ここで紹介したいと思います。


どんな本?

バリュー投資の本です。バリュー投資と言ってもいろいろな種類がありますが、この本はバフェットの考えを取り入れた投資を紹介しています。

ただPERやPBRを見ただけの投資だとバリュートラップに引っかかってしまうことがありますが、バリュートラップに引っかからない投資術が書かれています。


この本の良いところは?

自分の失敗例、成功例など、実際にあったことを例に上げながら株の探し方を説明してるのが、とてもわかりやすくて読みやすかったです。

そして最後の方に株を以下の6つに分類してどのように投資すべきかが書かれていました。

  • 低成長株
  • 優良株
  • 市況関連株
  • 急成長株
  • 業績回復株
  • 資産株

ここのパートを読んでいるか読んでいないかで今後の運用成績が大きく変わってくると思います。

それほどまでにここの内容がよかったです。


本を読んで実際に取り入れた方法

上で書いた、それぞれの株についての投資方法はもちろん取り入れました。

そしてさらに取り入れたいと思っているのが、株価から1株あたりのキャッシュを減算するというものです。

これはPBR投資やネットネット株投資で取り入れられている考えです。

株価から1株あたりのキャッシュを減算し、その企業の実質株価を算出する。そして、その実質株価を使ってPERを計算する。

ということをやりたいなと思っています。

これを使えば、株価の割安度がよりわかりやすく判断できるんじゃないかと思っています。指標の意味合い的にはミックス係数(PBR×PER)みたいなものになるんじゃないかと思っています。

後々こういう手法を取り入れたいです。今はプログラムを改修する時間が取れないんですけどね。後々ね、後々。。。


ということで『ピーターリンチの株で勝つ』でした。

僕はこの本の魅力を半分も伝えられていないと思います。絶対読んで後悔しない本だと思うので、ぜひ読んでみてください。

ケア21とベネフィットジャパンを新規で買いました

題名の通り新規で2銘柄を買いました。富士山マガジンサービスをぶん投げて得た資金で買いました。

富士山マガジンサービスをぶん投げた話はこちら


ケア21

ケア21は老人ホームなどを展開している会社です。

少子高齢化社会の日本に置いて、今後絶対に伸びる銘柄です。買っておいて損はないと思います。

コロナの中でも売上、利益ともに着実に伸ばしています。PERは14以下と割安な水準です。下がったらいっぱい買い増ししたいです。


ベネフィットジャパン

これ、実は一度買ったことがあります。

2019年の7月に900円ほどで購入して、2020年の1月に2100円ほどで売却しました。

(おそらく)初めてダブルバガーを達成した銘柄なので、かなり思い入れがある銘柄です。これを今回1800円くらいで買い戻しました。

利益が着実に伸びており、PERも15以下と、僕の投資基準を満たしています。

事業もストック型で、コロナが広まっても大幅な減益はないと予想しています。


今回、ラウンドワンを買い増しするか、新しい銘柄を買うか悩んだ結果、新しい銘柄を買いました。

とにかく10~20銘柄くらいまで分散分散でいきたいと思います。

それでは。

JALCOホールディングスを利確しました

205円で1000株買ってたJALCOホールディングスの株を利確しました。

利確理由は以下の二つです。

  • 決算内容があまり良くなかった
  • 割安株を買ったつもりでいたが、本当に割安株なのか疑問に思ってきていた

決算についてはあまり説明することはないので、2つ目について説明したいと思います。


なぜ割安株ではないと思ったのか

JALCOを買った時のPERは15前後でした。これは割安株の基準に入ると思いますが、なぜ割安株ではないと判断したのでしょうか。

これ、実は前のブログに買いています。

『ケン・フィッシャーのPSR株分析』を読みました

この記事に書いた通り、PSRという指標が7倍以上になっていました。さらに不動産業界でのPER15という数字はかなり高いです。

このことから、JALCOホールディングスは割安株ではないから売った方が良いかもな、となっていました。

そして今回の決算内容を見て、これは業績に下方修正が入りそうだな、と思い売却しました。


とまあこんな決断を10分くらいで下して売却しました。

というか正直話すと金曜の決算みるの忘れてたんですよね。。。

それでなんか今日下がってるなと思ったら決算に気づいた感じです。

超適当な取引をしてしまったわけですが、まあ利益が出たので良しとしましょう!

ではまた。

富士山マガジンサービスを損切りします

以下の2つの記事で挙げた、富士山マガジンサービスを損切りしようと思います。

この前決算発表があったのですが、それが僕の予想をかなり下回っていたのが原因です。

この決算内容でどのくらい下げるかちょっと予想がつかないのですが、このまま塩漬けするのは資金がもったいないので、別の銘柄に投資したいと思います。

(追記)

-26,000で済みました。このあと結局900円まで下げたので、ここで売り抜けてなかったらさらに15,000円損してました、危ない。


ということで、このブログ初めての損切り報告でした(ヤマダ電機は配当を合わせるとプラスだったので含んでいません)。

今まで儲かった報告ばかりで、内容に信憑性が欠けるなと思っていたので、まあ良しとしたいです。損した分はまた取り返せば良いですし。

今年は投資成績が良すぎて、少し調子に乗っている部分もあったので、これからも謙虚に、そして着実に利益を上げていきたいですね。

ではまた。

4年間保有したヤマダ電機の株を売却したので、リターンを計算してみたらちょっとショックだった話

ヤマダホールディングス、株主優待を改悪し、100~500株未満の優待利回りが5.56%⇒2.78%に半減へ!同時に、すべての株主の長期保有優遇制度も廃止に!

優待銘柄として長く人気があったヤマダ電機の優待が改悪されました。そのため、2017年4月から保有してた当銘柄を売却しました。

そこでリターンが気になったので計算してみました。(ここでいうリターンは、売却益、配当、株主優待の合計です。)


気になるリターンは…!

結果は以下のようになりました。

売却益-830
配当合計3,600
優待合計16,000
合計18,770
総合リターン+34%

というわけでリターンは34%となりました。

数字だけ見ると良いように見えますが、年率リターンにすると7.6%というとても微妙な結果になりました。

あとこれ、調べてとてもショックだったんですけど、

同じ期間の日経平均は40%以上上昇しています。

なので、ヤマダ電機に投資するより日経平均のインデックスに投資した方がよかったんですね。

(優待目的の)優待投資ってやっぱり儲からないな、と改めて思いました。

こちらの記事にそのことが書いてあります。

なのでこれから、優待銘柄を買う際は利回りだけではなく、上昇余地があるか、ということを考えていきたいと思います。

今日はこんなところで

ナンピンについて

いろんな本を読んでいると、『ナンピンは悪!』っていうのをよく見る気がします。

なのでナンピンに対する僕の考えを書いていきたいと思います。


ナンピンのメリット

ナンピンのメリットは、平均買い付け価格を下げられることです

例えば800円で100株を買い、その後600円まで値下がりしたとします。

ここでナンピンをして100株追加で購入します。すると平均取得価格が700円になります。

平均取得価格を下げたことで、株価が700円を超えれば利益が出るようになりました。これがナンピンのメリットです。


なぜ『ナンピンは悪』と言われるのか

ナンピンのデメリットはナンピンした箇所からさらに株価が下がると、損失が大きくなることです。

先ほどの例で説明すると、600円から500円まで値下がりするとナンピンしなかった場合は3万円の損失で済みますが、ナンピンをした場合だと損失が4万円に膨らみます

これは、投資の大原則である『損小利大』に反します。これがナンピンが悪と言われる原因だと僕は思ってます。

ちなみに、ナンピンが悪だという人は『ナンピンをするなら損切りしろ』と行っている人が多いです。

上記の例だと、600円まで下がった段階で損切りした方が良い、ということです。


ナンピンに対する僕の考え

僕は、バリュー投資家ならどんどんナンピンしていいと思います

割安だと思って買った株がさらに割安になっているということなので、買わない手はないはずです。

なのでバリュー投資家の皆さんは資金が尽きるまでどんどんナンピンしていきましょう!

ただし注意点が一つあります。その株にバリューがなくなったり、その株が上昇する理由がなくなった時にナンピンしてはいけません。

例えば業績が良いと思っていたが、予想より悪かった場合などはナンピンしてはいけません。

一度株価が下がり始めると、モメンタム効果で下がり続けます。こういう時は素直に損切りしましょう。


正直どちらが正しいかは結論が出ないと思います。それこそ宗教みたいなものだと思ってます。

ただし歴代のバリュー投資家に限って言えばナンピン推奨派が多いと思います。

なのでバリュー投資家はどんどんナンピンしていきましょう!!!

暴落したので富士山マガジンサービスを買い増ししました

はい、企業名間違っています。アホです。

こちらの記事で個人的注目企業として挙げた銘柄です。https://machikado-investor.com/archives/127

事業は雑誌の定期購読などを行うストック型事業です。在庫も抱えないし、本屋的なサービスの中ではかなりいいと思ってます。

今回の買い増しで所持株数は200株になりました。ほんとはもっと買いたいのですが、今買い増しに使える資金がほとんどないんですよね。全部アレンザが悪い

今日はこんなところで。

暴落したのでシェアリングテクノロジーを買い増ししました

なんかめちゃくちゃ下がりましたね、なんかの発言が原因だとか。(面倒なのであまり調べてない)

バリュー投資家はこういう時に買い増すチャンスなので買い増ししました。

シェアリングテクノロジーについてはこちらの記事でちょっと触れてます。『ケン・フィッシャーのPSR株分析』を読みました

まあシェアリングテクノロジーは今回の暴落であまり下がらなかったんですけどね、この前買った時より10%下げていたのでちょうどいいタイミングだと思いナンピンしました。

でも実際これが『バリュー投資』かって言われると結構怪しいんですよね。一応(予想)PERが15倍を下回っているので僕の中ではバリュー株にあたるんですけど、実際は復活株に近いです。

まあたまにはこんな投資をしてもいいでしょう、損したら凹みますけど。

ではまた。

『貯金40万円が株式投資で4億円』を読みました

このツイートをした時に買ったやつです。

筆者の『かぶ1000』さんはネットネット株のことを調べてた時に見た事があり、一体どんな投資手法をしてるのか気になったため購入しました。

バリュー投資を始めたい人にとてもおすすめな本です。

これ毎回言ってる気がする。。。


この本に載ってる投資手法は以下の2つがメインになっています。

  • PBRを使って割安株を探す
  • ネットネット株(従来のとは違う、かぶ1000さんオリジナルの方法)

まずPBRの方から見ていきましょう。


PBRを使った方法

PBRはおそらくみなさん知っていると思います。1以下が割安とみなされる指標ですね。面倒なので詳しくは説明しません。

バリュー投資の本は今までそれなりに読んできたのですが、PBRをメインに使っている方は初めて見ました。多くのバリュー投資家はPERを使っている印象があります。

僕もPBRを使った割安株投資をしていた事があるのですが、やめてしまいました。PBRを使った投資というのは結構難しくて、指標を見て割安でも、株価が全然上がらない、という事が結構あります。

これはバリュートラップと言います。指標だけ見て投資するとこのバリュートラップに陥るので注意です(僕の場合もそうでした)。

かぶ1000さんはこのバリュートラップを回避するためにかなり行動されているみたいです。有価証券報告書を読み込む、IR担当に電話する、実際に会社を訪問するなどなど、、、ちょっと僕には荷が重い作業ですね。電話とかしたくねえ。

ちなみに僕はこのバリュートラップを回避するために会社の成長率を使ってます。会社が成長すれば株価も上がり、今まで割安で放置されていた影響で大きく株価を伸ばす、、、というのが僕の考えです。

この、株価が上がるきっかけをカタリストというのですが、かぶ1000さんは5つのカタリストを挙げてました。ただこの5つのカタリスト、あまり理解ができなかったので説明できないです。気になった方は読んでください。


ネットネット株

これは割と知らない人が多いと思います。以下の公式に当てはまる株が当てはまります。

(流動資産 − 総負債) * 2 / 3 > 時価総額

簡単に説明すると、企業がすぐに現金化できるものから会社の借金を返した時に残る現金が、時価総額よりも大きい株のことです (2/3してる理由は、株価が適性価値まで戻った時に+50%の利益が出るからとかそんな理由だった気がします)。

アメリカだと、ネットネット株が有名になりすぎて、絶滅危惧種になっているらしいのですが、日本だとまだ結構あるイメージです。バリュー株以上にリスクは小さいので、損をしたくない!という方におすすめな投資法です。

しかしこれも例によらずバリュートラップの影響を受けるので、成果が出るのにかなり時間がかかります。なので長期投資という分野に当てはまるぴったりの株かもしれません。

かぶ1000さんはこのネットネット株投資をアレンジしています。ネットネット株では上記の公式のように流動資産を使うのですが、かぶ1000さんは流動資産の代わりに、より換金性の高い物をピックアップして使っています。

これは従来のネットネット株投資よりも安全性が高いと思われます。


かぶ1000さんは青山商事の上昇を予測していた!?

この本は今月発売されたのですが、執筆したのが2020年の10月頃のようです。この時、青山商事は次のように書かれていました。

青山商事の株価は下落傾向が続き、徐々にローソク足が短くなりつつあるため、ボラティリティーが低くなりつつあります。それゆえ大きく損をする可能性も低くなりつつあり、投資する好機が近づいていると言えます。

10月時点で株価は500円だったのですが、2021年1月23日の時点で650円と30%も上昇しています。ここまでピタリと言い当てられると怖いですね。さすが億を稼ぐ人は違うなと思いました。

ちなみに僕も10月に青山商事の株を買っています!!

購入に至った経緯は若干違いますが、これはかなり自信になりました。

なのでみんなTwitterフォローしてね!今フォロワー15人しかいないから!!!

はい、話がまた逸れました。青山商事の他にもいろいろな銘柄について話しているので気になる人は是非読んでみてください。あと僕のTwitterもフォローしてくださいお願いします。

『ケン・フィッシャーのPSR株分析』を読みました

結構前に買っていたのですが、読むのが面倒で放置していました。もっと早く読んでおけば良かったと後悔してます。


PSRとは、株価売上高倍率のことです。1年の時価総額を売上高で割って算出します。PERの売上バージョンですね。『良い企業の株をPSRが低い時に買うことで大きな利益を得ることができる』と言うのがこの本の内容です。

バフェットの投資術と似通っています。僕は(自称)バフェット流投資も一部行っているので、すんなり理解することができました。

バリュー投資を行う人にとてもおすすめな一冊です。


バフェット投資に似ていると言いましたが、決定的に違っているのが『使う指標』です。バフェットはPERを使いますが、ケン・フィッシャーさんは、本のタイトルにある通りPSRを使います。

なぜPSRを使うのかというと、PERで使う純利益は変動が大きいのに対し、売上は大きく変わらないから、というのがその理由です。

売上が変わらないのに会社に問題が起きたことで純利益が下がった。それに市場が反応し、株価は下がる。そうするとPSRの分母である売上高が同じで、時価総額が小さくなるのでPSRが小さくなります。

このような、問題が起きた優良企業を低PSRで買う、というのが本書の投資法になります。このような期間をグリッチと呼んでいます。基準は0.75倍以下がベスト、1.5倍以上は避ける、となっています。

この本を読んで、そういえばあの企業はグリッチの期間に投資したから成功したんじゃないかという例がありました。


良品計画

はい、みんな大好き無印良品を運営している良品計画ですね。2018年に4000円の高値をつけてそこから下降トレンドに突入しました。この時から在庫が増え始めたのが原因みたいです(面倒なのでちゃんと調べてません、間違ってたらごめんなさい。)

この在庫過剰の問題でグリッチが生まれ、(コロナの影響もありましたが)2020年3月には株価が1000円を切りました。

良品計画にはブランド価値があり、PERも10倍ほどになっていたのでバフェット銘柄に当たると考え、僕は平均取得価格1306円で300株買いました。この時のPSRを計算してみると、0.75倍とかなり割安な基準で買い時だったといえます。

2021年1月16日現在、株価は2300円を超えており、かなりの利益がでてます。オイシイ!!

しかもこれ、コロナ特需で上昇していて、在庫過剰の問題はまだ解決してないので、上げ幅がまだあると思っています。なんか家具のサブスクも始めるみたいなので、今後にも期待してます。すごく利確したいのは内緒。


あともう一つ、グリッチに見舞われていると思っている企業を1つ紹介します。

シェアリングテクノロジー

多角化に失敗(俗に言う多悪化)して赤字になっている企業です。現在は本業に専念し、今季から黒字予想を出しています。

この企業は多悪化と言うグリッチに見舞われていると考え、この前1000株購入しました。

この企業のPSRは1.3倍となっています。ちょっと高いですね。ただPERを見ると13倍と割安なので購入しました。多分このように主にPERで判断して、PSRは補助的に使う、という風になるかなと思っています。


最後に少し前の記事でおすすめしたJALCOホールディングスをPSRで分析してみましょう。

PERは16倍とまあまあの水準ですが、PSRはなんと7倍以上になっています。本には『PSR3倍以上は絶対に買ってはいけない』と書いてあります。

これを考えるとすぐ売るべきですね。

これはPSRを使った分析で気づいた時にしたツイートです(そもそも業界別PERで判断しろって話ですが。。。)

これ、どうしようかなって考えてます。実際危ないと思うんですが、今のところ利益でてるし、205円で1000株持ってるだけなのでとりあえずいいかなと思ってます。

(追記)

売りました。

https://machikado-investor.com/archives/223JALCOホールディングスを利確しました


というわけで『ケン・フィッシャーのPSR株分析』でした。

ほんとに良本なのでたくさんの人に読んで欲しいです。ではまた。

最近利確もしてないので読書感想しかブログにしてなくていつネタ切れするかビクビクしてます。これからは買った時もブログに書いていこうかなと思ってます。