ナンピンについて

いろんな本を読んでいると、『ナンピンは悪!』っていうのをよく見る気がします。

なのでナンピンに対する僕の考えを書いていきたいと思います。


ナンピンのメリット

ナンピンのメリットは、平均買い付け価格を下げられることです

例えば800円で100株を買い、その後600円まで値下がりしたとします。

ここでナンピンをして100株追加で購入します。すると平均取得価格が700円になります。

平均取得価格を下げたことで、株価が700円を超えれば利益が出るようになりました。これがナンピンのメリットです。


なぜ『ナンピンは悪』と言われるのか

ナンピンのデメリットはナンピンした箇所からさらに株価が下がると、損失が大きくなることです。

先ほどの例で説明すると、600円から500円まで値下がりするとナンピンしなかった場合は3万円の損失で済みますが、ナンピンをした場合だと損失が4万円に膨らみます

これは、投資の大原則である『損小利大』に反します。これがナンピンが悪と言われる原因だと僕は思ってます。

ちなみに、ナンピンが悪だという人は『ナンピンをするなら損切りしろ』と行っている人が多いです。

上記の例だと、600円まで下がった段階で損切りした方が良い、ということです。


ナンピンに対する僕の考え

僕は、バリュー投資家ならどんどんナンピンしていいと思います

割安だと思って買った株がさらに割安になっているということなので、買わない手はないはずです。

なのでバリュー投資家の皆さんは資金が尽きるまでどんどんナンピンしていきましょう!

ただし注意点が一つあります。その株にバリューがなくなったり、その株が上昇する理由がなくなった時にナンピンしてはいけません。

例えば業績が良いと思っていたが、予想より悪かった場合などはナンピンしてはいけません。

一度株価が下がり始めると、モメンタム効果で下がり続けます。こういう時は素直に損切りしましょう。


正直どちらが正しいかは結論が出ないと思います。それこそ宗教みたいなものだと思ってます。

ただし歴代のバリュー投資家に限って言えばナンピン推奨派が多いと思います。

なのでバリュー投資家はどんどんナンピンしていきましょう!!!

優待目当てで株を買うとあまり儲からないよね


この前こんなツイートをしました。

でも今はこの投資をするタイミングじゃないよなと思ってます。


優待株のメリット


優待株投資は安定した収益を生み出すと思ってます。


理由は、優待株投資を好む人は長期ホルダーが多いので、株価の変動が少ないからです。


特にビックカメラのように、長期保有で特典がつくような株は株価がかなり安定します。

総合利回りがそのまま収益になるイメージですね。

例えばビックカメラは(長期保有特典を含めると)総合利回りが7%にもなります。

7%の収益が安定して入ってくるのは大きいですよね。


優待株のデメリット


メリットである『株価の変動が少ない』ということがそのままデメリットになります。

つまり、

大きい収益をあげることが難しいです。

なのでビックカメラの場合、年7%以上の利益をあげるのは難しいということですね。

年7%、数字だけ聞くと大きいように感じますが、ちょっと物足りないですよね。

なので僕は利益をあげるというより、ポートフォリオの防御力を高めるために優待株を保有することが多いです。


優待株投資アイデア

優待株で利益を上げたい場合はどうすれば良いのでしょうか。僕は次の2つが重要だと思っています。

  • 成長株であること
  • 人気優待株が何かしらの問題で大きく下落している

両方をみたす必要はなく、片方満たしていれば十分です。

まず成長株であれば、株価は普通上がります。これは面倒なので説明を省きます。

そしてもう一つ、人気優待株が下落している時です。ひと昔前のマクドナルドが当てはまりますね。

人気優待株はほんとにすごい勢いで戻るので、今度そのような下落があった場合、間違いなく買いになりますね。


上記を踏まえた現状の銘柄選び


現在は日経平均もダウ平均も(なぜか)高くなっていて、実体経済と乖離している印象があります。


そしてコロナの感染者も増えてきているので、経済に悪影響がありそうです。


そう考えると株価に揺り戻しがきそうなので、今のうちに現金比率を高めておき、株価が下がったタイミングで、コロナの影響を受けている業界の優良株を買うのがいいと思います。

旅行、レジャー、外食業界などが当てはまりますね。


僕のおすすめは以下の3つです

  • 青山商事
  • ラウンドワン
  • パーク24

(もうちょっと買い増したいのであまり上がらないで欲しい)


今は知名度がミジンコ並なので銘柄紹介できますが、後々は銘柄を紹介できなくなるくらい知名度をあげたいですね。

特にラウンドワンはバフェット銘柄でもあると思うので、今のうちに多く買っておきたいですね!

ではまた。

12月までの優待券使い切らなきゃ。。。

2020年11月版 総合利回りが高い銘柄TOP20

※2020/10/31時点のデータです。

証券コード株価配当利回り優待利回り総合利回り
61811690177.51177.51
76022690111.52111.52
75933655.47109.58115.05
38071282.3493.7596.09
47654633.2362.6265.85
3185229034.9334.93
33773151.5831.7433.32
99801300.7630.7631.52
4650382028.7928.79
311394021.2721.27
24643742.9419.2522.19
9439198017.6717.67
15186792.3516.218.55
60292611.3415.3216.66
78102950.115.2515.35
269470014.2814.28
9416904013.2713.27
3372302013.2413.24
88813924.5912.7517.34
3814618011.3211.32

※データは自作プログラムで集計しているため、間違っている可能性があります。

こうみるととんでもない銘柄があるんですね、総合利回り170%って


ただ、利回りだけ見て投資すると失敗することが多いので、以下の2つは最低でも確認しましょう。

  • 安定して利益が出ているか
  • 財務がしっかりしているか(しばらくは倒産しなさそうか)

優待株投資を学びたい方は下記の書籍が参考になります。


では最後に

投資はあくまでも自己責任でお願いします。